大雨のなかの憂鬱な取材

 記者という仕事柄いろんな人に出会う機会があるが、取材に際して「忙しいのに来ていただいてありがとう」や「休みの日にご苦労さん」などと、ねぎらいの言葉を掛けてくれる人がいれば、「取材したければ勝手にしたら」「何しに記者が来たんだ」など、冷たい反応の人もいる。悪気はないのかもしれないが、「もっと普通の言い方があるのでは」と思うことも多々ある。
 先日、ある行事の取材での一コマ。現場にいると、車で待機していた妻から「駐車場係の人が『ここは一般の人用の駐車スペース。取材なら別のところに移動してくれ』と言われた」との電話があった。一般の方のお邪魔をしては申し訳ないので移動は仕方ないが、言い方がかなり横柄だったらしい。
 その上で言わせてもらえば、筆者は事前に取材の依頼主から指定された場所に停めただけ。しかも停車した時には、そこにいた駐車場係に「日高新報です。取材です」と告げたのに、その時は「ここに駐車はダメ」などと言わなかった。「あとになって言うなよ」という気分である。別に厚遇を期待しているわけではないし、上から目線や恩着せがましくもの言う気は毛頭ない。ただ、取材の依頼を受けて台風に伴う大雨の休日、現地に足を運んでいるのだから、もう少し配慮があってもよさそう。ちなみに、先月1日の徳本上人200回忌法要の取材の際には、特別に駐車スペースを確保してくれていたことを紹介するとともに、関係者の配慮に感謝したい。
 記者と言えども、当然人の子、いろいろ腹の立つこともある。それがゆえに、報道は公平無私を貫かねばならないと、あらためて思う。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る