80カ国一人旅の阪本さんが講演

 世界約80カ国を一人旅してきた阪本美菜子さん(30)=御坊市薗=が19日、御坊日高博覧会(おんぱく)実行委員会の研修会で「世界から見た御坊日高の魅力」をテーマに初めて講演した。アジア、ヨーロッパ、アフリカを中心に3年間旅を続けたバックパッカーは「日本や和歌山は世界でも有名。PRには情報が命」と、インバウンド(外国人観光客)受け入れを考えているおんぱくメンバーにアドバイスした。
 阪本さんは大学卒業後5年間は東京で働きながら趣味の海外旅行を楽しんでいたが、「行きたい国が多すぎて、どうしても長旅がしたい」と会社を辞めて2014年4月に日本を出国。ことし4月に帰国するまで丸3年間、アジアから中央アジア、ヨーロッパ、アフリカなどの約60カ国・地域を訪ね歩いてきたユニークな経歴を持つ。
 移動手段はバス、貨物列車の荷台、自転車、徒歩、ヒッチハイク、宿泊は安宿のドミトリーやテントを購入して野外泊。大半は旅の途中で知り合ったり、一般家庭を飛び込みで訪ねてホームステイしてきたことなど、現地に溶け込んだ旅を映写機を使って説明した。とくに印象に残った中央アジアのタジキスタンと、アフリカ南部ナミビアで訪ねたヒンバ族の村でホームステイした旅を紹介。世界一美しい民族といわれるヒンバ族はやはり美意識が高く、赤土とバターを混ぜたもので髪の毛をおしゃれに固めたり、かわいいアクセサリーを身に着けている姿を写真で見せ、「多種多様な価値観、文化の違いがあり、育った環境や教育、宗教によって人は変わると強く思った。同時に、人間の根本は同じだということも分かった。ヒンバ族の女の子たちが集まっておしゃべりしている姿を見ると、日本の女子高生と変わらないなと思った」と住む世界や考え方の違う人々の日常を見て感じた率直な思いを話した。「私がしてきたことは誰でもやろうと思えばできること。あしたやればいいではなく、いまのチャンスを逃さない方がいい」と行動力の大事さも強調した。
 地域の魅力については「発展途上の国に対する日本の支援はかなり行き届いており、日本の知名度の高さに誇りを感じた。観光面では和歌山の高野山が外国の有名サイト『ロンリープラネット』で紹介されてすごく人気で、和歌山へ行ったことのある外国人とたくさん出会った」と紹介。ポーランドの友人が御坊へ遊びに来たとき、稲刈り後の「なるかけ」に魅力を感じたり、禅寺での座禅体験に感激したことも話し、「テーマパークではなく、田舎の生活が魅力だったりする。とにかく大事なのは情報。移動手段や宿泊の情報がなければ外国人は来ない。うまくPRすることが地域活性化の第一歩ではないでしょうか」と訴えた。
 

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る