御坊でハロウィンテーマに商工祭

 御坊商工会議所(吉田擴会頭)など主催のごぼう商工祭2017が29日、初めての「ハロウィン」をテーマに中町から本町にかけての商店街で開催。台風22号接近の影響であいにくの雨に見舞われ、終了時間を繰り上げたものの、海賊やミッキーマウスなどかわいい仮装姿の子どもたちは笑顔いっぱい。フォトスポットで写真を撮ったり、「トリック・オア・トリート」と言って魔女からお菓子をもらうなど楽しんでいた。
 雨は降っていたが、最後まで警報は発令されず、予定通り午前9時半からスタート。仮装した子どもや保護者を前に、ハロウィンのTシャツや帽子で仮装した吉田会頭が「多くの人が準備してくれました。短い時間になるかもしれませんが、楽しんでください」とあいさつ。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウ風の海賊に扮した、今回のハロウィンの中心人物・木戸地美也子さんを先頭に、子どもたちが商店街をパレード。海賊やドレス姿のお姫様、ミッキーマウスやドナルドダック、スパイダーマン、顔にペイントをしたドラキュラなど、趣向を凝らした衣装やメイクの子どもたち100人以上がずらり。みんなで「トリック・オア・トリート」(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)と声を出し、途中で魔女を見つけてお菓子をもらっていた。バルーンなどで飾り付けしたフォトスポットも5カ所用意され、かわいいポーズで写真を撮り、仮装した大人や吉田会頭とも一緒に撮影する姿も見られた。映画『魔女の宅急便』のキキとジジなどに扮して参加した竹内心優ちゃん(御坊小1年)、柳岡穂香ちゃん(同)、関口悠人君(湯川小2年)は「雨なんか関係ないよ。ハロウィンの衣装を着れて楽しい」と笑顔があふれていた。商店街の店の関係者も仮装して商品を販売した。
 ステージで予定していたバンド演奏は屋内で実施。うまいもんマルシェや今回初めて企画した和歌山の地酒飲み比べを楽しむ大人の姿も見られた。ローターアクトのポン菓子実演も子どもたちに人気で、紀州鉄道のハロウィン列車も好評だった。
 

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る