美浜の中学生がカナダ移民の歴史学ぶ

 美浜町の松洋中学校体育館で24日、「アメリカ村の語り部ジュニアを養成するための講演会」が開かれ、全校生徒171人がカナダ移民について勉強した。
 講師は和歌山市民図書館移民資料室の中谷智樹さんが務め、映写機を使って「カナダ移民130年~昔、今、そして未来へ」をテーマに話した。中谷さんは「移民」の言葉の意味、動機などを述べたうえで、「日本人の移民が外国で体験し、苦労し、同化してきた過程を学ぶことで、いま、日本に来ている外国人を理解する心の基盤ができる。これを知る、知らないでは国際理解に大きな差が出る。移民を勉強することは外国人を理解することにつながる」と移民学習の意義を強調。古くからカナダ移民のまちとして知られ、「アメリカ村」と呼ばれるようになった三尾地区については、1888年に工野儀兵衛の渡航から始まる歴史を分かりやすく紹介し、「1934年のカナダから三尾への送金者は907人、送金額は15万2774円(当時の1円=約3000円で、現在の貨幣価値換算4億5832万2000円)にも上る。このお金があったので、就学率は100%だった」と説明した。戦時下には強制労働や財産没収などで移民が厳しい環境に置かれたことにも触れ、最後に「三尾の歴史をこれからも伝えていってほしい」と訴えた。
 美浜町の地方創生事業の一つで三尾地区の活性化に取り組んでいる日の岬・アメリカ村再生協議会が講演を主催。協議会では英語で観光ガイドができる中学生と高校生(語り部ジュニア)の育成も事業に盛り込んでおり、機運を高めるキックオフ・イベントとして松洋中での講演を企画した。講演終了後には協議会から来年4月に育成教室をスタートさせることや、語り部ジュニアへの参加呼びかけもあった。
 

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る