美浜の浜ノ瀬老人クラブに厚労相表彰

 京都市のロームシアター京都で19日、第46回全国老人クラブ大会が開かれ、席上、美浜町の浜ノ瀬老人クラブ(浜口宗五郎会長)が老人クラブ育成功労者等厚生労働大臣表彰を受賞した。浜ノ瀬老人クラブは半世紀以上、地域の見守りや清掃など社会奉仕に努め、昨秋からは住民主体の介護予防事業に積極的に取り組んで高齢者の健康増進、絆づくりにも大きく寄与。「優良老人クラブ」として高い評価を受けた。
 1963年に結成の浜ノ瀬老人クラブは50年以上、子どもたちの下校時の見守り活動や町内の清掃ボランティアに取り組み、地域社会に大きく貢献している。昨秋には浜ノ瀬区(村岡茂区長)と一体となって、住民主体で運営する介護予防事業「いきいき百歳体操」の自主サークル立ち上げを積極的に推進。10月に発足した自主サークルは参加者から「外へ出て行くことが嫌いでしたが、みんなと話、体操などできて楽しい」「高齢者の『和』の大切さを気づかせてくれる場所」などの声が聞かれ、介護予防だけでなく地域の絆を強める役割を果たすなど老人福祉の増進に大きく寄与している。
 毎週金曜日午後、浜ノ瀬住民会館が会場の自主サークルでは20日の活動に浜口会長が訪れ、参加者約40人に厚労大臣表彰の受賞を報告。浜口会長は「浜ノ瀬老人クラブは町内でトップの結成。このいきいき百歳体操も町内で一番取り組みが早かった」と紹介したうえで、「老人のいいところは『家にいる』というところ。近所で何か起こってもすぐに駆けつけられる。老人クラブのモットーは『助け合い』であり、家にいるだけで意義があります」とあいさつ。最後に参加者と一緒に記念撮影も行った。
 

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る