みなべの高城・清川地区でも光通信サービス

 みなべ町山間部の高城・清川地区で20日から光通信サービスが供用開始され、町内全域で光通信網が普及となった。同日に清川公民館で開始式が行われ、関係者ら約40人が情報格差の解消を祝った。同公民館と整備を進めたNTT西日本和歌山支社(和歌山市)の事務所をテレビモニターでつないで会話するセレモニーも行われた。
 以前は電話回線を使ってインターネットに接続するADSL回線だったため、動画の視聴などに支障を来たしていた。住民から高速回線の整備へ要望があったが、情報事業者の自社進出はなく、町は整備費の一部を負担して民設・民営方式で行うことにした。事業者を公募した結果、NTT西日本和歌山支社に決まり、整備に関して町から1億4000万円の補助を出した。対象は高城地区で438戸、清川地区で659戸。同社では8月1日から利用の事前申し込みを受け付け、19日現在で高城で101件、清川で80件が申し込んでいる。
 開始式では小谷芳正町長が「町の均衡ある発展を配慮してきたが、高城と清川地域は光インターネットサービスを利用できない状況だった。町内全域が利用できるようになり、グローバル化する経済や産業に対応するとともに安全で快適な生活環境を構築して地域の価値を高め、人口流出の抑制や定住の促進につなげたい」と述べた。竹本栄次町議会議長も「光回線を大いに活用していただき、快適で充実したコミュニティー形成に役立ててもらいたい」と祝辞し、NTT西日本和歌山支社の樋口佳久支局長は「12月からの開始を目指していたが、みなさんの協力で円滑に進み、前倒しで供用開始することができた。光ファイバーによる通信を楽しんでもらえるサービスを提供していきたい」と事業報告を行いながら語った。
 このあと、清川公民館と同社和歌山支社の様子をモニターに映すというセレモニーが行われ、小谷町長、樋口支局長、竹本議長、地元区長の5人がスイッチを押すとモニターに動画映像が映し出され、画面を通じて言葉を交わしていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 笑う門には福来たる~

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る