AIの活用に期待

 子どものころ遊んだ人気ゲームの「ドラクエ」で、「ガンガンいこうぜ」「いのちたいせつに」などのコマンドを入力すれば、コンピューターの判断でさまざまな攻撃方法を選択して敵と戦うシステムがあった。戦闘を重ねればさらに最適な攻撃方法を学習して賢くなっていく。いわゆる人工知能(AI)で、それから約30年、AIの進化はめざましい。
 先日、米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社は、囲碁の世界トップ棋士を次々と破ったAIの「アルファ碁」を上回る「アルファ碁ゼロ」を開発。従来のアルファ碁と違ってプロ棋士らの対戦データ(棋譜)を一切学ばず、自分対自分の対局を繰り返して打ち方を独学。わずか3日間の学習で従来のアルファ碁に100戦全勝した。膨大な数の選択肢を使って計算しているらしく、新薬発見やタンパク質の立体構造の解明といった科学的な問題にも応用できるらしい。
 ほかにもいろいろある。銀行や保険会社のコールセンターではAIが音声認識を行って会話の内容を文字にして記録するほか、顧客の声をリアルタイムで解析し、顧客に対する回答の手助けとなる情報を、オペレーターの手元に表示。すでに実用化が進んでいる。また、自動車運転の技術でも車種の違いや動きを判断して自動運転ができるようなAIを開発中。究極は学習、思考能力を搭載した人型ロボットだと思うが、遠くない未来に実現するかもしれない。
 いずれにしても、今後はあらゆるビジネスでAIの活用が予想されており、いかに活用していくかが、企業の成長に不可欠。しかし、まず企業自体が学習、進化していかなければならないのは言うまでもない。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る