祭り写真は本紙HPで

 ことしも日高地方の各地で秋祭りが行われた。週末になるとまちがにぎやかになり、日曜日には各神社で四ツ太鼓や屋台が威勢のよい掛け声とともに練り歩いた。まだまだ和田や吉田、寒川祭などが控えており、祭りに向けて気持ちを高めている若衆もいることだろう。
 この季節は編集記者は大忙しで、一日に複数の祭りの取材を掛け持つこともある。日高川町担当の筆者も8日には笑い、下阿田木、紀道の3カ所を〝はしご〟。この日は快晴で気温も30度近く。笑い祭では名物の鈴振りによる「笑い」がシャッターチャンス。「永楽じゃ~、世は楽じゃ~、笑え笑えわっはっはー」と笑う鈴振りを数十人のアマチュアカメラマンが囲み、筆者も苦労しながらなんとか撮影した。下阿田木はここら辺では珍しい相撲を奉納。ちびっ子のかわいい取組から大人の激しい押し合いや投げ合いに観客たちは大盛り上がり。紀道も比較的珍しい「馬駆け」があり、猛スピードで走り去る馬に夢中でシャッターを切った。
 15日は由良祭を取材。由良も周辺の祭りとは異なり四ツ太鼓がない。長さ7、8㍍の長載棒が特徴的な屋台(由良では屋形)同士を組み合わせ、掛け声に合わせて押し合う。最後は高く組み合わせて青年会長らが握手を交わす。由良生まれの筆者もこれが祭りのスタンダードな形と思っていたので、大人になって四ツ太鼓を見たときは驚いた。あいにくことしは雨で高く組み合わすことはしなかったが、2カ所で行った夜の競り合いは盛り上がっていた。
 本紙ホームページではそんな祭りの様子を写真で紹介。随時更新していますので、ことし参加できなかった人も興奮冷めやらぬ人もぜひ一度チェックしてみてください。     (城)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナ終息の願いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る