元朝日軍の野田さんは靖国に

 旧日高郡三尾村(現美浜町三尾)出身のカナダ移民で、伝説の日系人野球チーム「バンクーバー朝日」のメンバーとして活躍しながら、日中戦争(支那事変)で日本の兵士として戦死した野田為雄さんが、靖国神社に祭られ、同神社の図書館に資料が残されていることが分かった。野田さんと朝日軍で一緒にプレーした新宮出身の嶋正一さんの親類(東京在住)から、日高新報社に連絡があった。
 野田さんは三尾生まれで、小学校を卒業してからカナダへ渡り、バンクーバー朝日に入団。嶋さんらとともに活躍したが、日米開戦に伴いチームは消滅し、戦後58年目の2003年、カナダ政府が朝日軍の同国野球殿堂入りを決定した。
 2年後にはBC州のスポーツ殿堂入りも決まったが、記念メダルは元選手が他界、遺族とも連絡がつかないなどの事情から、未渡しとなっているケースが多かった。野田さんのメダルも長く未渡しの状態が続いていたが、嶋さんのおいで東京に住む嶋洋文さんの調査の結果、野田さんの親類がトロントにいることが分かり、昨年4月、代理人経由で野田さんのメダルが親類に届けられた。
 野田さんは日中開戦前に日本へ帰国し、出征して中国大陸で戦死したことは分かっていたが、今回、嶋さんに友人の松宮哲さんからメールが届き、野田さんが靖国に祭られ、軍人としての資料も保管されていることが伝えられた。松宮さんは今月7日、靖国神社を参拝し、隣接する図書館の靖国偕行文庫で野田さんの資料を見つけ、野田さんが神社に祭られていることも確認できたという。
 見つかった資料は、恩賜財団軍人援護会が編纂した「支那事変 忠勇列傳」。それによると、野田さんは1915年(大正4)4月に生まれ、旧制田辺中学校2年のときに家族とともにカナダへ移住。36年に帰国し、陸軍に入隊した。翌年、中国との戦争が始まると、勇猛で知られた通称「鯉登(こいと)部隊」(歩兵第77連隊)に編入され、歩兵砲中隊の射手として大陸の戦場を渡り歩き、38年4月16日、機関銃の弾を腹に受け、22歳で戦死した。
 資料には「氏が奮闘してたてた武功は皇軍戦史に輝き、不滅の英霊は護国の神と仰がれるであろう」などと記され、野田さんは戦死後、歩兵伍長となり、功六級金鵄勲章が贈られたとある。

関連記事

フォトニュース

  1. 夏にはいっぱい咲くで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る