日高郷土学 紀勢線はなぜ湾曲したのか

 御坊市の財部会館で16日、古民家コミュニティ主催の地域の歴史や文化を学ぶ講座「日高郷土学」が開かれ、和歌山高専教授(総合教育)の重松正史氏(63)が「紀勢線(御坊~印南駅)線路湾曲の謎」と題し、御坊駅が現在の位置につくられ、紀勢線の路線が和佐、稲原経由になった経緯について話した。
 紀勢線が御坊駅から大きくカーブした経緯については、地元では「稲原村出身の有力県議会議員の力による」という話をよく耳にする。重松教授は、「一県議会議員に鉄道の路線を決定できるほどの力があったとは思えない」と、過去の路線をめぐる政治的な動きを報じた新聞記事などを調べた結果、当時はセットとなっていた電気と鉄道の事業をめぐるさまざまな争いがあったことが分かったという。
 明治末期から大正初期にかけて、和歌山県内は南海が紀南地方まで鉄道を伸ばし、同時に日高川の水力発電拡大を計画していた。当時、日高川では和歌山水力電気という会社(和水電)があり、南海はこれを吸収しようとしたが、和歌山市出身の岡崎邦輔(陸奥宗光のいとこでのちの農林大臣)が社長だった京阪電鉄がこれに対抗。結局、和水電は京阪が合併した。
 日高川で水力発電を拡大するには、御坊まで木材を筏流しで運搬していた林業者の賛同をとりつけねばならない。岡崎は当時の最大政党政友会(自民党の前身)の県議らを取り込み、国鉄新線(紀勢線)敷設計画に絡んで御坊駅を市街地より北側に置き、さらに少しでも日高川奥地に近い和佐、稲原に駅をつくり、道路を整備することで日高川流域の経済、観光発展につなげる構想を進め、重松教授は「その結果、鉄道が湾曲してつくられたのではないか。御坊~印南間のカーブは1人の県議の力だけでなく、背景に関西電鉄の勢力争いがあり、岡崎率いる京阪を中心としたグループが事態を動かしていたのでしょう」と考察した。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る