日高郷土学 紀勢線はなぜ湾曲したのか

 御坊市の財部会館で16日、古民家コミュニティ主催の地域の歴史や文化を学ぶ講座「日高郷土学」が開かれ、和歌山高専教授(総合教育)の重松正史氏(63)が「紀勢線(御坊~印南駅)線路湾曲の謎」と題し、御坊駅が現在の位置につくられ、紀勢線の路線が和佐、稲原経由になった経緯について話した。
 紀勢線が御坊駅から大きくカーブした経緯については、地元では「稲原村出身の有力県議会議員の力による」という話をよく耳にする。重松教授は、「一県議会議員に鉄道の路線を決定できるほどの力があったとは思えない」と、過去の路線をめぐる政治的な動きを報じた新聞記事などを調べた結果、当時はセットとなっていた電気と鉄道の事業をめぐるさまざまな争いがあったことが分かったという。
 明治末期から大正初期にかけて、和歌山県内は南海が紀南地方まで鉄道を伸ばし、同時に日高川の水力発電拡大を計画していた。当時、日高川では和歌山水力電気という会社(和水電)があり、南海はこれを吸収しようとしたが、和歌山市出身の岡崎邦輔(陸奥宗光のいとこでのちの農林大臣)が社長だった京阪電鉄がこれに対抗。結局、和水電は京阪が合併した。
 日高川で水力発電を拡大するには、御坊まで木材を筏流しで運搬していた林業者の賛同をとりつけねばならない。岡崎は当時の最大政党政友会(自民党の前身)の県議らを取り込み、国鉄新線(紀勢線)敷設計画に絡んで御坊駅を市街地より北側に置き、さらに少しでも日高川奥地に近い和佐、稲原に駅をつくり、道路を整備することで日高川流域の経済、観光発展につなげる構想を進め、重松教授は「その結果、鉄道が湾曲してつくられたのではないか。御坊~印南間のカーブは1人の県議の力だけでなく、背景に関西電鉄の勢力争いがあり、岡崎率いる京阪を中心としたグループが事態を動かしていたのでしょう」と考察した。

関連記事

フォトニュース

  1. より安全、快適になりました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る