人気ユーチューバーが日高町でクエ解体

 料理やアウトドアをメインに動画配信している、人気ユーチューブチャンネル「きまぐれクック」のかねこさん(本名非公開、26歳)が12日に日高町の阿尾漁港を訪れ、名物クエの解体と実食の動画撮影を行った。自ら包丁や木づちを手にして豪快にさばき、実食では「控え目に言ってうますぎる~」と絶賛。今月18日か19日に動画をアップする予定で、〝幻の魚〟の全国発信に一役買ってくれそうだ。
 きまぐれクックは、かねこさんが魚をさばいておいしく味わったり、魚釣りをしたりする動画を配信しており、チャンネル登録者数は約45万人。本格的に動画配信してから約9カ月間で総再生回数は1億回を突破した。動画では、10㌔のブリをノーカットでさばいたり、タカアシガニを丸ごと一匹使って巨大カニグラタンを調理したりするほか、人食いザメをさばいて食べる、オオグソクムシの正しい食べ方など普段目にしないような食材も使用。魚のさばき方も見るだけで覚えられることなどから注目を集めている。
 今回のクエ解体と実食は、日高町旅館民宿組合やわかやま新報らの協力で実施。同組合の濱一也さん(39)からさばき方の手順を聞いたあと、かねこさんがうろこを取ったり、ナタのような包丁で背骨を抜いたりしてさばいていく様子を収録。恒例の内臓チェックも行った。
 このあと、華麗な包丁さばきで刺し身にして、コラーゲンたっぷりの身が入った鍋も用意。刺し身は醤油、鍋はポン酢を使って食べ、「脂がやさしい」「身がぷりぷり」と大満足の様子。最後に「和歌山日高町のクエはうまい~」などとコメントしていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 数に限りはありますが

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る