日本学生科学賞 日高高校生が中央審査へ

 第61回日本学生科学賞の県審査(読売新聞社主催、県教委など後援)で、日高高校科学部2人の研究「ビル風を読む」が県議会議長賞に選ばれた。2年生の伊藤徳亨君と下野翼君の2人が、独自の装置を開発して研究してきた内容。11月18、19日に行われる中央予備審査に進む。
 中学生、高校生を対象に研究成果を発表するコンクールで、県審査には14点が応募。中央予備審査に進む県知事賞、県議会議長賞、県教育委員会賞をそれぞれ1点ずつ選んだ。
 ビル風とは、大きな建物に風があたることで周辺に発生する強風などのこと。ビルが好きな下野君が科学雑誌で知り、研究テーマに選んだ。内容は一般的な四角いビル「スクエア型」と大阪のあべのハルカスのように上部にいくほど細くなっていく「セットバック型」の2種類について、周辺の風速を調べた。調査には一般的に1000万円以上するような高価な装置が必要となるが、2人は日用品を活用した装置を開発。サーキュレーターや遮光シートで風を送る装置を作り、ビル模型はレゴブロックで作製。サーキュレーターのトルネード状の風の動きを一定化させるなど、工夫を凝らして完成させた。装置に2種類の型で大きさの異なる6つのビル模型を設置し、風速を計る装置「アネモマスター」を使い、1つのビルにつき約240カ所の風速を計った。結果、セットバック型はスクエア型より風速の増加領域が少なく、ビルの振動も少ないこと、周辺のビルや環境への影響も少ないことが分かった。
 ことし4月から約半年かけて取り組んできた研究。中央予備審査進出に「うれしいです」と笑顔。「初めはサーキュレーターの風がトルネード状になっていることに気付かず、思ったような測定結果が出なかったのですが、ホームセンターで売っているざるやネットなどを使って風の流れを一定化できました」と試行錯誤を繰り返してきた装置の開発を振り返る。中央予備審査に向けては「新たな考察も加えた研究内容を提出し、ポスター発表ができる中央審査進出を目指します」と張り切っている。また複数のビルがある場合の風速の増減など、今後の新たな研究にも意欲を見せている。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る