独立美術協会展 阪本さんが中山賞

 全国的な美術団体、独立美術協会の第85回独立展で、洋画白玄会会員、阪本聡さん(53)=御坊市藤田町吉田=の作品2点がグランプリ(独立賞)に次ぐ中山賞を受賞した。2009年の新人賞から5度目の入賞となり、昨年のTJ賞(上位7番目)から大きくランクアップ。阪本さんは「賞をいただくことで、日高地方の美術振興に少しでも貢献できれば」と話している。

田端美術賞作品2.jpg田端美術賞作品㊧.jpg

 


















  独立美術協会は1926年、佐伯祐三らによっ創立立された歴史ある団体で、美術展には毎年全国から約2000点が寄せられる。正会員は150人。阪本さんは2010年の佳作入賞で準会員となった。現在はみはま支援学校の教頭を務める傍ら、地元の洋画団体白玄会に所属して制作に励んでいる。
 今回受賞した「WORK17―6」「WORK17―7」は2点ともF130号(194×162㌢)の大作で、アクリル樹脂を使った混合技法の抽象画。作品について「世の中のほとんどのものは人の手が加わって作られていますが、時間の流れによって腐食、錆び、剥落、風化などいろんな形で変化していきます。そこにはドラマすら感じられます。そういった、物が内包する『動き』の表現をテーマに取り組んできました。今回は、応募の2点を並べて見た時に調和が感じられるように構成を考えました。自分らしい作品に仕上げられたと思います」と説明。2席に当たる賞の受賞について「大変うれしく思っています。地元で絵をやっている多くの人たちにこうした成果を見てもらい、機運が盛り上がってほしい。4年後には和歌山県で国民文化祭も開かれます。美術が盛んになり、文化的な発展につながっていけばと願っています」と話している。
 第85回独立展は18日から30日まで、東京六本木の国立新美術館で開催される。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る