祭りは地域を活性化させる

 日高地方は秋祭りシーズン。2日にはトップを切って山口・印南の両八幡神社祭礼「印南祭」が営まれ、5日には日高地方最大の御坊祭りがにぎわった。まだシーズンは始まったばかりで、11月初旬まで各地の神社で笛や太鼓の祭り囃子が聞こえる。
 伝統文化の秋祭りは地域最大のイベントといえる。住民らは早くから練習に取り組み、本番では子どもからお年寄りまでこぞって参加する。祭具などには由来があり、祭りそのものにも物語がある。やり方次第では地域おこしの可能性を秘めているのではないだろうか。
 京都の祇園祭、青森のねぶた祭、阿波踊り、岸和田のだんじり祭などは全国的に有名で、わざわざ祭りを見るために来日する外国人旅行者もいるほどだ。日高地方で行われる祭りでは、他地域から大勢の観光客が訪れるとまではいかないが、近年ではALT(外国人指導指導助手)らが地域の祭りに参加して盛り上がっている光景は目にするようになった。観光とタイアップして「祭り体験」として売り出し、国内外に積極的にアピールしてみてもおもしろいかもしれない。
 祭りにはメリットがたくさんある。大勢の住民が集まることにより、世代を超えた交流を深める機会になる。地域の情報把握にもつながり、防災や防犯にも役立つ。特に南海トラフの巨大地震の発生時に必要とされる「共助」の力を高める。親戚や近所の人たちが集まって郷土料理を味わう機会にもなり、ふるさとの味を継承することもできる。こうしてみると、祭りによる波及効果は多方面で広がっていることになる。
 日高地方では秋祭りがたけなわだ。ぜひ、祭りに足を運んでみて、地域の文化や人に触れてみてはいかがだろう。     (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. こらめちゃくちゃうまいで!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る