イラストレーター中川さんが母校で講演

 御坊市出身で東京を拠点に国内外で活躍するイラストレーター中川貴雄さん(38)が3日、母校の湯川中学校(柴田耕治校長)で「考える力をみにつけよう~未来は自分で切り開ける~」をテーマに特別講演し、後輩たちに熱いメッセージを送った。
 御坊市まち・ひと・しごと総合戦略の一環で、子どもたちに夢や希望を持ってもらおうと初めて開催。全校生徒171人と保護者、地域住民も来場した。中川さんはアルバイトしていたコンビニで新商品を説明する絵を描いていたとき、オーナーから専門学校を勧めてもらってこの道に進んだエピソードを紹介。2007年から東京に進出したが、約4年間は苦労の連続だったとし、「好きな作家に影響を受けていたので、出版社を回っても絵が似ているといわれた。ある担当者に、人と似た絵を描いている人に仕事は頼まないと言われたのが一番キツかった」と振り返った。
 それでも諦めず、この担当者には新しい絵を描くたびに見せにいったことで認められ、仕事を頼まれるようになり「諦めなかったことが仕事にもつながった。成功の裏にはたくさんの失敗がある。皆さんも失敗を怖がらず、いろんなことにチャレンジしてほしい」とアドバイス。「将来の夢や目標が見つかっていない人が多いと思う。自分は何をやりたいのか、考え続けることで見えてくる」と考える力を養うことの大切さも訴えた。
 生徒たちからの質問にも答えたほか、幼なじみで絵本「なんにでもレナール!」を一緒に出版した玉置永吉さんも特別出演し、盛り上げた。生徒会長の藤﨑柊登君(3年)は「たくさんの失敗が成功への一歩になることが分かりました。失敗を恐れず前を向いていく、今を生きる経験を大切にしていきます」と話した。
 

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る