日高町で大型乗合船「第十二岬丸」進水

 日高町比井、岬旅館(冨田紀章代表)が最新鋭の大型乗合船「第十二岬丸」を建造し、3日に地元漁港で進水式を行った。
 排出量15㌧、全長20㍍、全幅4・85㍍で、乗客数は26人。魚群探知機などは関西初の最高設備を備えており、キャビンは冷暖房完備で、20インチテレビ、レンジ、ポットがある。トイレは温水洗浄便座と真水が出る手洗いを導入。船上の照明や集魚灯はLEDで、十分以上な明るさと燃費の向上を実現している。船体の建造は㈱嶋造船所(御坊市)、エンジンは㈲福原マリンディーゼル(同)、電気設備は戸田電機店(みなべ町)。
 進水式には、松本秀司町長や山田理司商工会長らも出席。内原王子神社の楠本年美宮司が神事を務め、玉串をささげたあと、出席者が船に乗って試運航。再び漁港に戻ってから盛大にもちまきも行い、地元住民ら約250人が集まった。
 船長を務める冨田代表(39)にとっては、先代の父から引き継いで初の乗合船建造で、「お客さま第一の立場で視察を重ね、これぞという機能をたくさん導入しました。女性も快適に釣りをしてもらえるよう気を配っています。広い釣り座も用意させていただきました」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る