待ったなしの国難に目を

 女性政治家が秘書への暴言・暴行を週刊誌に暴かれ、離党したのはもういつのことだったか。あの凄まじい二面性には驚きを通り越し笑ってしまったが、為政者と呼ばれる人たちは総じて、似たり寄ったりか。
 安倍首相は今回の解散総選挙で、生産性革命と人づくり革命、高等教育の無償化、消費税の使途の変更、北朝鮮問題への対応――などを争点にしたいという。いまいちピンとこないが、やはり本音は安全保障。憲法九条の改正こそが最大の狙いであろう。
 最大野党の民進党は前の代表時代からすでに死に体。国会で首相を激しく批判し続けた勢いはどこへやら、名を捨てて実をとるとは聞こえはいいが、政党として丸ごと主張を放り投げ、なりふり構わず身を売った。フリの効いたボケは「このハゲ~!」以上に面白い。
 安倍首相が放った解散バズーカにより、沈む船から逃げ出すネズミのごとく、民進党からの離党が続出。小池都知事は満を持して党を立ち上げたがヒトもカネもなく、カネはあるが行き場がない難民議員を抱える前原氏と利害が見事に一致した。
 安倍首相は拉致問題の解決、北方領土の前進、憲法九条改正の3つを政治家としての使命としており、なかでも最も現実味のある憲法改正は最大の悲願。かたや小池氏も女性初の宰相の座を引き寄せつつあるが、憲法改正にどこまで踏み込む気があるのか、さらにどのタイミングでいかに体よく都知事を辞め、立候補を表明するか。
 10日の公示まで、どちらにどんなスキャンダルが飛び出すかわからない。メディアは小池氏と周りの右往左往を話題にするのもたいがいにして、待ったなしの国難に目を向け、最大の焦点を明確にしなければならない。    (静)

関連記事

フォトニュース

  1. ちょっと遅くなりましたが

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る