バイオマスタウンに期待

 日高町のバイオマスタウン構想が、早ければ来年度にも実現する。前任の担当記者から構想について少し聞いていたが、恥ずかしながら詳しい内容は把握しておらず、今回、町議会の一般質問で取り上げられたことで、あらためて勉強したしだいである。
 バイオマスタウンは、下水汚泥や農作物残りかす、家畜排せつ物、食品廃棄物などを燃料や肥料としてリサイクルするシステムが、広く地域の関係者の連携の下で構築され、安定的かつ適正なバイオマス利活用がされる地域のこと。リサイクルの推進やゴミの減量化、有機野菜栽培につながると期待されている。
 日高町は構想を策定し、2011年4月に農林水産省から認定を受けた。構想のメインは、民間事業者の原谷地区下水汚泥処理肥料工場建設。浄化槽や集落排水、下水道の汚泥、し尿を処理し、発酵、乾燥の工程を経て有機肥料を製造するための施設で、その肥料は地元や近隣市町に販売する。汚泥などの処理能力は一日当たり3㌧。この容量があれば町内で排出される汚泥などの分をカバーでき、将来的には処理能力拡充で周辺市町の分の受け入れも視野に入れている。
 エネルギーを無駄なく再利用することは、当然地球環境にも優しい。福島原発事故の後は、一層新エネルギーに注目も集まる。その一つのバイオマスタウン構想に、当初国は補助金を出す予定だったが、旧民主党が政権を取った際の事業仕分けで補助金を凍結。再び自民、公明党が政権を奪還したが、補助金は復活していない。22日の衆院選は本決まりとなった。次期政権には、バイオマスの取り組みにもさらに光を当ててもらいたい。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る