宮井紀行 鹿児島でソロ最多の1500人を動員

 美浜町出身で鹿児島を拠点に活動しているシンガーソングライター、宮井紀行さんが1日、同県内で2番目に大きいコンサートホール「宝山ホール」の単独ライブを成功させた。「なまず」で上京、大手レーベルからデビューを果たすも4年足らずで解散、鹿児島に戻りソロとなって12年。キャリアハイとなる約1500人を動員し、メジャー再デビューへ確かな手応えをつかんだ。
 鹿児島第一工業大学1年のとき、福井出身の倉田暁雄さんと伝説のユニット「なまず」を結成。鹿児島最大の繁華街「天文館」で毎週土曜深夜にストリートライブを始め、他のミュージシャンがゆずや長渕剛をカバーするなか、オリジナルをうたうなまずは一人勝ちの人気となり、そのまま一気に上京、夢のメジャーデビューを果たした。
 しかし、東京では事務所の方針により、メインボーカルだった宮井さんはコーラスに回り、ステージでしゃべることも許されなくなった。なまずは鹿児島と東京でまったく別物となってしまい、鹿児島時代からのファンは目に見えて離れ、結局、メジャーデビューから約3年8カ月で解散した。
 2005年4月、一から音楽をやり直そうと、ソロとして鹿児島で活動を再開した。毎年秋のワンマンライブの会場を少しずつ大きくしながら、4年目には200人、6年目には600人のホールとなり、11年目の昨年は1000人規模のライブを開催。「これまでまいてきた種が芽を伸ばし始めた」(宮井さん)ことしは、テレビやラジオの仕事を自らすべてリセット。活動を音楽に集中、8月に5枚目のアルバム「青写真」をリリースし、9月には全国43カ所のツアーを終えた。
 今回の宝山ホールはソロで最大規模の1502席。地元鹿児島をはじめ、ふるさと和歌山、遠くは名古屋、東京、仙台からもファンが駆け付け、バンド編成のステージは約2時間半、合間にはコントも行われ、満杯の客席と一体となって盛り上がった。
 宮井さんは「和歌山からも大勢足を運んでくださり、おかげさまで大盛り上がりで大成功でした。最後の最後まであきらめないこと、『宝山に挑んでよかった』という気持ち、応援してくださる皆さまへの感謝の気持ちでいっぱいです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る