日高広域消防とドクターヘリが連携確認

 事故の傷病者や急病患者の救命率アップへ向け、県が運行するドクターヘリと現場の救急隊員の連携を強化しようと、28日に日高広域消防で初の症例検討会と訓練が開かれた。フライングドクター、ナースが実際に救急車内に乗り込み、救急隊との患者情報の共有から素早い措置への移行を本番さながらに実践。スピードと正確性が求められる救命の最前線で、それぞれの役割とスムーズな連携を確認した。
 ドクターヘリは2003年に運行を開始。フライングドクター、フライングナース1人ずつが乗り込むことで、救命処置の開始が格段にスピードアップ。救命率や患者の社会復帰率アップに貢献するなど「適切な医療を早期に受けられれば、避けられた可能性のある死亡」を回避することに大きな威力を発揮している。処置を担う県立医大高度救命救急センターではより迅速・的確な救命措置につなげるためには、ヘリに搭乗する医師、看護師と現場の救急隊との連携が不可欠として、3年前から県内各消防に出向いて合同訓練等を実施し、顔の見える関係づくりを進めている。日高地方関係では、今回の日高広域消防との訓練が初めてとなった。
 高度救命救急センターの加藤正哉教授や医師2人、看護師2人が広域消防を訪問。症例検討会では過去の実際の事例を挙げて措置についての指導を受けた。訓練は「66歳男性、歩行中に左に傾いて脱力」など3つの想定で行い、ドクターヘリの要請、医師に引き継ぐまでの措置、医師や看護師のサポートを実践した。救急隊は「左上下肢(左腕と左足)に麻痺あり。脳血管障害の疑い」などと駆けつけた医師に伝え、医師と看護師は救急車内で患者に話しかけながら手際よく処置を行った。
 医師、ナースからは「ヘリ内では看護師が患者の左側にいるので、点滴等は左腕でとってもらえると管理しやすい」「手術等は家族の承諾が必要なので、救急隊が家族の有無や連絡先などの情報を取ってくれていると迅速な処置につながる」など具体的なアドバイスを受け、救急隊員は「非常に参考になった」などと知識を深めていた。

関連記事

フォトニュース

  1. よし、これでよう見えるわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る