きのくにロボフェス 最新人型ロボ「NAO」登場

 12月17日に御坊市立体育館で開催するきのくにロボットフェスティバル2017のスーパーロボットショーに出演するロボットが決まった。AI(人工知能)を搭載した人型ロボ「NAO」(ナオ)(福井大学)と、産業用ロボ「duAro」(デュアロ)で、NAOは自律判断でサッカー、duAroは似顔絵を描けるのが特徴。最先端技術を持つロボットのパフォーマンスは子どもやロボファンに人気を呼びそうだ。
 26日に御坊商工会館で実行委員会(委員長=吉田擴御坊商工会議所会頭)が開かれ、当日のプログラム等が報告された。
 スーパーロボットショーは毎年国内外の最先端技術を有するロボットが会場のメインステージでデモンストレーションを行う人気イベントの一つ。吉田委員長は7月下旬に20年ぶりに日本で開催されたロボカップ2017名古屋世界大会を視察した際、AIを搭載した人型ロボがサッカーの試合をしているのを見学し、「きのくにロボットフェスにぜひ呼びたい」と発案。国内でロボカップサッカーに取り組んでいる3大学のうち、今回は福井大学の快諾を得てNAOが出演してくれることになった。最低3体は登場することになっており、サッカーの試合は難しいが、PK戦などを披露する予定。
 もう1体のduAroは、川崎重工業㈱の産業用ロボ。内蔵のカメラで画像を解析し、顔の輪郭や特徴をとらえて似顔絵を描く優れもの。フェスでは子どもたちの似顔絵を描くことにしており、2~3分で1枚を仕上げるため、待ち時間も少なく人気となりそうだ。ロボットショーには韓国のロボットとも出演を交渉中。吉田会頭はあいさつで「ロボカップを見て、ぜひ呼びたいと思っていた。AIや最新の産業ロボのすごさを実感してもらいたい」と期待を込めた。
 ことしも中国山東省の小中学生2チームずつがロボット選手権に参戦するほか、初めて韓国の小中学生も来場。試合には出場しないが、地元の小中学生らとの交流を検討している。来年以降は試合にも出場する可能性があり、今後も年々グレードアップを計画している。

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る