祭りで培われる地域力

 印南町内の各地域の祭りが一堂に会して、当時の役場から印南浜まで屋台や四ツ太鼓が行進したのはいまからちょうど30年前、町制30周年のときだ。筆者は中学1年生だったが、にぎやかさと、祭り好きなことも手伝って、いまでもはっきりと記憶に残っている。節目を祝うにふさわしいイベントとして祭りを選んだところに印南っ子らしさがあふれていた。それだけ祭りは地域にとってかけがえのない行事であるという表れでもあろう。地域住民が一体となり、地域力を向上させる催しの代名詞ともいえる。ことしも秋祭りシーズンが間もなく訪れる。時間の許す限り、多くの人に参加してもらい、大いに楽しんでほしい。
 30周年からさらに30年を積み重ね、印南町はことし60周年を迎えた。台風接近の影響で延期されつつ、23日に行われたイベントは、会場の印南浜に大勢の人が訪れる盛況ぶり。クライマックスを飾った花火も大盛況だった。正直、40周年、50周年に何をやったのかすぐに思い出せないが、60周年の節目は記憶に残る催しになったと、個人的に思っている。
 印南町の最近10年を振り返ってみて、幼稚園と保育園が一体化したいなみこども園開設、医療費の無料化年齢拡大、切目川ダムの完成、津波避難路の整備などなど子育て支援や防災対策などが目に見えて進展している。今後の課題は、全国的にもいえることだが、少子化に伴う人口減が一層進む中、行政運営や教育環境をどう整えていくかだろう。ひとまず10年後の70周年では、この10年間で印南町はさらによくなったといわれるよう、行政にも教育にも地域全体でかかわることが求められる。祭りで培った地域力を今後、大いに発揮していこう。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る