手書きで脳もトレーニング

 自宅で使っていたパソコンが壊れてしまった。本欄のような原稿は深夜などに家で書くことも多いのだが、代わってノートにペンで文章を下書きしようとしても、困ったことにさっぱりできない◆学生の頃は色やデザインなど厳選した気に入りのノートをいつも手元に置き、気に入りのペンで好き勝手なことを書いていた。頭の中で考える言葉をほぼ同時進行で紙の上に、印字するような勢いで書き付けていったものだった◆それが今は、キーボードを叩きながら同時進行で文を考えることに頭が慣れきってしまったためか、手書きと同時にものを考えることができない。ノートの白いページを眺めても頭の中は同様に真っ白で、働きを停止したままだ。記憶力も著しく低下しており、頭を鍛えるためにも手書きの習慣を復活させなければと焦りを感じてしまった◆手書きが脳にもたらす好影響について調べてみた。あるサイトによると①理解が深まる②脳の機能をうまく使える③心身のリラックス④書いた内容を長期記憶に定着しやすい⑤自身の文字のオリジナリティを楽しめる⑥気持ちが整理できる⑦集中して取り組める―の7点が挙げられるという。④の長期記憶への定着は、「確かにそれはあるかもしれない」と納得させられる思いだった。同じ文章も、キーボードだと手書きよりも遥かに早く書けて疲れないが、その内容を長く覚えていられるかというとかなり疑わしい。指先だけでなく腕から動かして書いていくと、時間がかかる分、内容を心の奥深くへ直接刻み込めるような気がする◆元々とんでもない悪筆が、パソコンばかり使ううちにますますひどくなった。この機会に心を入れ替え、手と頭を鍛えた方がいいかもしれない。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る