手書きで脳もトレーニング

 自宅で使っていたパソコンが壊れてしまった。本欄のような原稿は深夜などに家で書くことも多いのだが、代わってノートにペンで文章を下書きしようとしても、困ったことにさっぱりできない◆学生の頃は色やデザインなど厳選した気に入りのノートをいつも手元に置き、気に入りのペンで好き勝手なことを書いていた。頭の中で考える言葉をほぼ同時進行で紙の上に、印字するような勢いで書き付けていったものだった◆それが今は、キーボードを叩きながら同時進行で文を考えることに頭が慣れきってしまったためか、手書きと同時にものを考えることができない。ノートの白いページを眺めても頭の中は同様に真っ白で、働きを停止したままだ。記憶力も著しく低下しており、頭を鍛えるためにも手書きの習慣を復活させなければと焦りを感じてしまった◆手書きが脳にもたらす好影響について調べてみた。あるサイトによると①理解が深まる②脳の機能をうまく使える③心身のリラックス④書いた内容を長期記憶に定着しやすい⑤自身の文字のオリジナリティを楽しめる⑥気持ちが整理できる⑦集中して取り組める―の7点が挙げられるという。④の長期記憶への定着は、「確かにそれはあるかもしれない」と納得させられる思いだった。同じ文章も、キーボードだと手書きよりも遥かに早く書けて疲れないが、その内容を長く覚えていられるかというとかなり疑わしい。指先だけでなく腕から動かして書いていくと、時間がかかる分、内容を心の奥深くへ直接刻み込めるような気がする◆元々とんでもない悪筆が、パソコンばかり使ううちにますますひどくなった。この機会に心を入れ替え、手と頭を鍛えた方がいいかもしれない。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る