ことしも頑張ろう!

 来月15日に催されるみなべ町埴田の鹿島神社(亀井隆行宮司)の秋祭りで、ことしは3年ぶりに芝崎地区(嶋田一也区長)の布団太鼓と南道地区(南部周三区長)の奴行列がそろって登場する。芝崎地区では本番に向けて地区内の会館で練習も始まった。住民らは「神輿渡御が例年以上ににぎやかに盛り上がる」と楽しみにしている。
 芝崎地区のふとん太鼓の参加は不定期だが、住民から「ことしは祭りを盛り上げよう」という機運が高まり、参加することが決まった。ふとん太鼓は大型の太鼓台で、重さは2㌧。化粧した子ども(乗り子)4人が乗り、太鼓を叩きながら祭りの歌をうたう。太鼓台の前方では前乗り1人が音頭をとり、40人から50人で担ぎ上げる。渡御の途中で勢いよく回転させる光景などは迫力がある。
 奴行列は3年ごとに登場している。江戸時代の元和5年(1619年)に田辺藩主に任ぜられた安藤直継の入城を再現したといわれる。虎や竜などの刺繍の入った腰巻をつけた奴が独特の踊りを披露しながら行進する。町の指定文化財にもなっている。
 芝崎地区では今月初めから、乗り子を務める池田一太君(南部小3年)、大川紘汰君(同5年)、杉本一世君(同5年)、西祐哉君(同6年)の4人が歌や太鼓の練習を始めた。青年団らが指導し、練習会場の会館からは元気いっぱいの声が響いている。青年団の山口智貴団長(30)は「子どもたちに祭りに参加してもらい、伝統文化を後世に継承してきたい」と話していた。
 町内ではこのほか10月8日に東岩代と西岩代の八幡神社、9日に西本庄の須賀神社、22日に高城天宝神社、29日に清川天宝神社でそれぞれ秋祭りが営まれる。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで歩くと楽しいね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る