山野の亀井さん 恩返しの地蔵堂建立

 お世話になった山野の人のために――。日高川町山野に移住して17年となる亀井光一さん(81)は、3年前に亡くなった妻の登美子さん(享年77)の遺言を果たすため、同地内の入り口となる県道御坊中津線沿いの丁字路に地蔵堂を建立。21日に開眼供養を行い、「妻の思いを実現できた。山野の皆さんの幸せを」と願いを込めた。
 亀井さんは愛媛県松山市出身。広島や大阪で働き、21年勤めた大阪の建設会社で定年を迎えた。定年後しばらくして、夫婦でゆっくり「第二の人生を」と移住先を探し始め、平成12年、不動産業者の紹介で山野を訪れた際、豊かな自然と人の温かさに魅了され、移住を決めた。
 山野では家庭菜園を楽しみながら年金暮らしを続けていたが、その間、山野の人々から野菜を分けてもらったり、優しく接してもらうなどとても親切にしてもらったという。妻の登美子さんは生前から「山野の皆さんのために何か恩返しがしたい」と話しており、亡くなった後、光一さんが妻の望みをかなえるため何をすべきか考えていた。そんな中、地元の東良一さんの提案もあり、丁字路で道を間違う人も多いことから、道しるべも兼ねた地蔵堂を造ることになった。
 地蔵堂の両サイドには「右 印南町」「左 川中」と記しており、中には地蔵と建立した経緯を示した碑があり、「山野の方々の家運長久と道行く人の道しるべになれば」と亀井さんの言葉が記している。
 開眼供養は地福寺の川口常文住職によって読経などが行われ、最後はもちまきで祝った。
 亀井さんは「この地蔵堂で、お世話になっている地域の皆さまを守っていただければ」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか前に進まへん…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る