中紀バスが最新型の観光バス導入

 由良町里、中紀バス㈱(高垣太郎社長)は、最新の安全性能を備えた新型の大型観光バス1台を県内初導入した。車や歩行者など動いている障害物に対する衝突回避・被害軽減システム(PCS)や前方の車と一定間隔を保って走行するオートクルーズ(自動運転)など、これまでのバスにはなかった新システムを搭載。行楽の秋を迎え、安全、安心、快適な旅を提供する。
 大型観光バスは、日野自動車㈱が渾身(こんしん)のテクノロジーを投入して開発した「セレガ」。60人乗り。従来の衝突被害軽減システムは、壁など固定したものに対して衝突回避または被害軽減を図ったが、今回搭載された同システムでは動いている車や歩行者に対しても有効。渋滞時に前方を走っている車両や歩行者を感知し、近付くとブザーが鳴ってドライバーに警告するとともに、自動でブレーキがかかって車両が停止する。また、オートクルーズ(スキャニングクルーズⅡ)では、先行車両を感知して一定間隔を保ったままアクセル、ブレーキ、エンジンブレーキが自動で作動。必要なのはハンドル操作だけで、ドライバーの疲労を軽減することができる。
 このほか急ハンドルや雪道での横転・横滑り防止システムも搭載。最新型のドライブレコーダーもあり、本社にリアルタイムで位置情報などが送られ、運行管理ができる。また、最新の排ガス規制もクリアしている。
 高垣社長は「環境に優しく、さらに安全性が進化したバスでお客さまを迎えたいと思います。年内に2号車も導入予定。これからも安全、安心、快適な旅の提供を目指して頑張ります」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る