鳥羽、伊勢へ家族旅行

 三重県の鳥羽、伊勢に家族旅行に行ってきた。久しぶりに和歌山と仕事から離れて羽を伸ばす機会。最高のリフレッシュになった。
 鳥羽へ到着後すぐの昼食にはサザエやヒオウギカイ、カキなどの貝盛り合わせ定食を選び、夕食には浜で漁師が暖をとるための一斗缶でカキを蒸し焼きにしたのが始まりといわれるガンガン焼き(鳥羽ではせんべい缶にカキを入れ、酒蒸し)と松阪牛、伊勢どりなどがメイン。2日目の伊勢では松阪牛入りのパンなどを食べた。土産物としては、伊勢志摩サミットで提供されたという酒、伊勢えびせんべい、松阪牛の菓子、招き猫などを購入したが、いろんなものが売られていて選ぶのに結構時間がかかった。
 食事にしろ、土産にしろ、何を基準にお金を使うのか。自分の行動を振り返って考えてみると、とにかく「特産」「名物」「ブランド」「話題性」などに弱いと気がつく。貝類、伊勢海老など誰もが知るものにはやはり手を伸ばし、その半面、あまり有名でないものにはひかれなかった。
 所変われば、という食べ物もたくさんあって興味深かった。鳥羽ではタカノハダイという魚の刺し身が結構な値段でメニューに並んでいた。この魚、大好物なのだが独特の磯臭さがあり、好き嫌いが分かれる。煮付け以外では食べたことがないので、生でも大丈夫なんだと初めて知った。それに海藻のあおさ。みそ汁に入っていたり朝食につくだ煮がついていたりラスクの菓子があったり。お勧めの特産物のようだった。ネットで調べてみると、三重県は「あおさの王国」というほどの一大生産地とのことだ。
 期待通りのモノがあり、新しい発見もできるのが旅行の楽しさ。地元を離れてみると、勉強にもなる。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る