国体クレー射撃 楠本さんが県代表入り

 第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」クレー射撃競技トラップの部(10月1~3日、高知県・ミロク高知射撃場)に出場する県代表チームに、日高地方から印南町印南の会社員楠本晃大さん(29)がメンバー入り。競技を始めて5年目、初の国体出場へ「応援してくださる人の期待に応え、いい成績を残してチームに貢献したい」と燃えている。
 クレー射撃は空中に飛び出すクレー(標的)を散弾銃で射撃。その命中数で順位を競う。トラップとスキートの2種目があり、楠本さんが出場するトラップは標的が射手の前方から左、中央、右方向のいずれかに放出。選手は横一線に配置された5カ所の射台を順に移動しながら射撃する。国体では1ラウンド25回の射撃を4ラウンド行い、その合計で個人成績、各都道府県3選手の合計で団体順位が決まる。
 楠本さんは父が代表を務める電気工事業㈲喜久屋電設で電気工事士として勤務。エアガンを含むミリタリー関係に興味があって24歳のとき、父の友人に誘われたのをきっかけに猟銃・空気銃所持許可証を取得した。初めは田辺市の射撃場でクラブチームの大会に出て楽しむ趣味程度だったが、クラブの仲間らから公式大会への出場を勧められ、昨年から県協会に入会。本格的に競技を始めた。
 県代表は3月中旬から7月中旬まで5大会の予選会で、高い方から4つのスコア合計で上位6人を選考。7月30日の近畿選手権でのスコアを合わせ、上位3人がメンバーに決定した。楠本さんは予選会2位。近畿選手権では自己ベストの85点をマークし、最終2位で県代表メンバー入りを決めた。昨年は6位で代表落ち。「ことしこそは」と臨み、初めての代表入りに「うれしいです。その半面、県代表というプレッシャーを感じています」と話している。
 本番までは強化練習に参加。「コンディション一つで成績が左右される競技。本番では気負うことなく平常心で100回の射撃を繰り返すだけです。最低でも80点以上、できれば自己ベストを更新したい。お皿(標的)が割れたときの爽快感を大舞台で味わってきます」と拳を握っている。

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る