気象予報士片平さんの講演を聴いて

 本年度第4回市民教養講座は、気象予報士で防災士の片平敦さん。物心ついた時からなぜか「天気予報のおじさんになりたい」という明確な希望を持っており、中高時代は毎日ラジオを聴いてひたすら天気図を書いていたそうだ◆講演では天気に関する蘊蓄も次々に飛び出した。日本の天気予報は明治時代の1880年代から行われており、その頃から延々と同じ場所で観測が行われているのは全国でただ1カ所、和歌山地方気象台で、「誇りに思って下さい」と力説。近隣に大きなビルなどができると観測の条件が変わるので移転せざるを得ないのだが、和歌山だけはそうしたこともなく現地で130年以上続けている。誇りに思うべきなのかどうかちょっと考えてしまったが、全国に1300カ所あるアメダスの中で片平さんが一番好きな場所も和歌山にあり、「友ケ島のアメダスはいい所で、ピクニックに最適です」とのこと◆天気予報の最も重要な役目は、「災害から人の命を守ること」。気象情報をきくうえで知っておくべき言葉として「土砂災害警戒情報」「記録的短時間大雨情報」「〇〇川(該当する河川の名が入る)氾濫危険情報」の3つを挙げた。この3つが出される状況になると警報よりも危く、避難すべきという。天気予報をじっくり見たうえで、皆が空の色、風の音など自然の声を自分なりにとらえて的確に行動することで「被災者ゼロ」に近づけられる◆「信頼している人の言葉なら心に響くはず。『駄洒落ばっかり言ってる片平さんが逃げてと言っているんだから、逃げなきゃ』と、普段は親しんでもらい、いざという時は信頼してもらえる『天気の町医者』でいたい」と言った時、ニコニコと穏やかな笑顔の向こうにある高いプロ意識を感じた。   (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る