さらに速い一瞬の風に

 陸上日本学生対校選手権男子100㍍で、東洋大4年生の桐生祥秀が9秒98の日本新記録で優勝した。「最も9秒台に近い」といわれながら、次々と出てくる新星に抜かれ、今大会も注目度は高くなかっただけに、ライバルを抜き去っての快挙に、さぞ「どや感」も大きいはず。
 いうまでもなく、勝負の世界を生き抜くには強い肉体はもちろん、負けん気と困難を乗り越える不屈の精神力がなくてはならない。それが表面に出るか出ないかの違いはあれど、大記録を達成した桐生選手は本人も常々、「負けたくない」と口にしていた。
 昨年6月のリオ五輪代表選考会のレースでまさかの3位に終わり、インタビューの途中で子どものように泣いていたのを思い出す。「負けて泣くな」という厳しい声もあったが、逆に今回の快挙は終始にこにこ。栄光の涙はまだまだ先にあるということか。
 今回、桐生に敗れ2着に終わった同い年の多田修平は、10秒07の自己新をマークしたが、「目の前で9秒台を出されてめちゃくちゃ悔しい」と率直に心境を明かし、「9秒台も近づいている。もっと筋力をつけ、桐生選手を超えていきたい」とリベンジを誓った。
 まさに切磋琢磨、負けた悔しさが力になる好例。同様に、スポーツ界は陸上だけでなく、若い日本人の活躍が目覚ましい。先の世界柔道は男女ともメダルラッシュに沸き、バドミントン、卓球、レスリング、水泳など、それぞれに新星が登場している。
 東京五輪開幕まであと1046日。選手にとってこれが短いのか長いのか。素人には分からないが、オリンピックのひのき舞台で、日本人が一瞬の風になって駆け抜け、美しい歓喜の涙を見せてほしい.    (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る