さらに速い一瞬の風に

 陸上日本学生対校選手権男子100㍍で、東洋大4年生の桐生祥秀が9秒98の日本新記録で優勝した。「最も9秒台に近い」といわれながら、次々と出てくる新星に抜かれ、今大会も注目度は高くなかっただけに、ライバルを抜き去っての快挙に、さぞ「どや感」も大きいはず。
 いうまでもなく、勝負の世界を生き抜くには強い肉体はもちろん、負けん気と困難を乗り越える不屈の精神力がなくてはならない。それが表面に出るか出ないかの違いはあれど、大記録を達成した桐生選手は本人も常々、「負けたくない」と口にしていた。
 昨年6月のリオ五輪代表選考会のレースでまさかの3位に終わり、インタビューの途中で子どものように泣いていたのを思い出す。「負けて泣くな」という厳しい声もあったが、逆に今回の快挙は終始にこにこ。栄光の涙はまだまだ先にあるということか。
 今回、桐生に敗れ2着に終わった同い年の多田修平は、10秒07の自己新をマークしたが、「目の前で9秒台を出されてめちゃくちゃ悔しい」と率直に心境を明かし、「9秒台も近づいている。もっと筋力をつけ、桐生選手を超えていきたい」とリベンジを誓った。
 まさに切磋琢磨、負けた悔しさが力になる好例。同様に、スポーツ界は陸上だけでなく、若い日本人の活躍が目覚ましい。先の世界柔道は男女ともメダルラッシュに沸き、バドミントン、卓球、レスリング、水泳など、それぞれに新星が登場している。
 東京五輪開幕まであと1046日。選手にとってこれが短いのか長いのか。素人には分からないが、オリンピックのひのき舞台で、日本人が一瞬の風になって駆け抜け、美しい歓喜の涙を見せてほしい.    (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る