太陽フレアの脅威

 太陽表面の爆発現象「フレア」が去る6日夜に観測され、大量の粒子が地球に降り注ぎ始めた。人体への影響はないとされるが 、 ここ 2、3 日は人工衛星の故障や大規模停電のほか、GPSの誤差が大きくなるなどのトラブルが起きる恐れがある。日本に被害が出るほどのレベルではないというが、何だか不気味である。
 これまで知られている最大のフレアは1859年に発生。爆発エネルギーは、核爆弾の1000倍以上とされる水素爆弾が、さらに10億個集まった威力。もはやすご過ぎて逆に分かりづらいが、専門家によると現代でその規模のフレアが起きれば人工衛星は全滅し、世界中で通信障害が発生。各国で大停電が長い間起きて、食糧や燃料、医療品などの物資の不足と衛生状態の悪化に伴い、疫病のまん延と飢餓が生じ、文明は危機にひんすると言われている。
 そんな中、同じように電気、通信などの社会インフラを壊滅させる電磁パルス(EMP)なる兵器を北朝鮮が開発しているニュースを知った。高空で爆発させて強烈な電磁パルスを広い地域に拡散させ、電子機器をショートさせて破壊するそうだ。すでにアメリカやロシアで開発されているが、国連決議に反してミサイル発射や核実験を繰り返す北朝鮮が持つ脅威はいかほどか。
 しかし、実はその兵器でさえも、太陽フレアの破壊力に比べれば大したことはない。世界では巨大地震やゲリラ豪雨、火山の噴火などさまざまな自然災害も発生。ともすればミサイルよりも恐ろしい自然の脅威に対して、国と国が手を取って立ち向かっていくことこそが世界に求められているのだが、話が通じる相手ではない。      (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る