W杯本戦でも岡崎選手の活躍を

 来年6月にロシアで開催されるサッカーワールドカップのアジア最終予選B組で、日本がオーストラリアを2―0で破って勝利。勝ち点を20点とし、最終のサウジアラビアを残して、6大会連続6度目の本大会出場を決めた。テレビや新聞などでも大きく取り上げられ、日本中のサッカーファンが歓喜に酔いしれた。サッカー好きの筆者もテレビにかじり付いて応援した。
 この試合では前半41分に浅野拓磨選手(22)がクロスボールにダイレクトで左足を合わせて先制。後半の37分には代表最年少の井手口陽介選手(21)も左サイドからドリブルで切り込んでシュートし、2点目を挙げた。若い世代の活躍が目立つ中、みなべ町東本庄の岡崎賢一さん(71)のおい、FWの岡崎慎司選手(31)=プレミアリーグ・レスター・シティFC=も終盤に出場して勝利に貢献した。
 これから焦点となってくるのが本戦での戦い方。いまのところ、代表メンバーは決まっておらず、今後の注目材料の1つといえそうだが、日高地方とゆかりの深い岡崎選手にはぜひとも本戦でもメンバー入りを果たしていただきたい。そして3年前の前回大会(ドイツ)で得点を挙げたような活躍をもう一度ロシアでも見せてもらい、日本や世界中を沸かせてほしい。
 日高地方では野球やサッカー、バレーボールなどのスポーツが盛んで、近畿や全国レベルの舞台で活躍する子どもたちも多い。文化面でも同じことだが、地元ゆかりの選手の活躍は地域の誇りになる。岡崎選手が活躍してくれれば、毎日汗水を流しながら練習に取り組んでいる子どもたちにとっては大きな励みにもなる。それは将来的に地域からスター選手を輩出する力にもなり得るだろう。     (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る