「ジブリの血」を受け継ぐ作品

 前回、NHK大河「おんな城主直虎」と対比させて映画の感想を書くつもりだったが、結果的に「直虎」だけで書ききってしまった。今回はその映画「メアリと魔女の花」の方を◆制作はスタジオポノック。2013年の宮崎駿監督引退宣言(ことし5月に撤回)を受け、スタジオジブリ制作部門解散ののち元スタッフらで設立されたスタジオである。「ジブリの血を受け継ぐ」と設立者はインタビューで語っていた◆ジブリファンなら既視感の連続を体験する。「魔法のほうきで空を飛ぶ女の子が出てくるのが『魔女の宅急便』を思い出させる」とかそういう次元の話ではない。地面から生えて急成長する植物群は「となりのトトロ」、宙に浮かび息づく魔法大学は「ハウルの動く城」、高い壁に沿った階段を駆け上るシーンは「千と千尋の神隠し」と随所にジブリの「遺産」が盛り込まれる◆「パクリ」などとは一線を画する、あえてなされたジブリ作品へのオマージュだろう。観ながら「原典」を考える楽しみもあり、ある意味ファンサービスかもしれない。プロデューサーのインタビューから自身を育ててくれたジブリ映画への熱い思い入れ、制作への真摯な思いが伝わってきた◆しかし創造のエネルギーは尊敬と感謝の念だけから生まれるものではない。本物の物語は、個人のエゴや暗い情念、やむにやまれぬ衝動などの中から力を持って生まれ出るのではないか◆「メアリと魔女の花」は絵の美しさ、画面の躍動感や疾走感、テーマの大きさ、どれも「ジブリの血を受け継いだ」作品として申し分ない。家族で楽しめる作品である。だが次作はつくり手のギラギラした個性をもっと前面に出してほしい。観客は「ジブリみたいな映画」ではなく単に「面白い映画」が観たいのだから。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る