ササユリ復活へリベンジ

 日高町原谷の熊野古道でササユリ復活を目指すプロジェクトが、再スタートした。2015年11月に地元の有志やボランティア、小学生らがササユリの球根を植栽したが、シカの食害で壊滅的な被害を受け、昨年の取り組みは休止状態となっていた。
 もともと熊野古道に群生していたササユリはイノシシやシカの食害で絶滅したとされており、それを復活させるためには、獣害対策が大きな課題。おととし球根を植えた時には、ワイヤーメッシュを敷いて球根を守り、冬場にイノシシが掘り起こして食べる被害を完全に防ぐことができた。しかし、春を過ぎて新芽が出ると、シカがそれを食べてしまった。シカはワイヤーメッシュを嫌って近寄らないだろうと予想していたが、甘かったのである。プロジェクトを推進しているささゆり愛好会の杉村邦雄さんは、その状況を見た時、「腰を抜かしてその場で長い間立ち上がれなかった」と話しており、ショックは相当なものだったと察する。
 そんな憎いシカへのリベンジが始まったのである。とは言うものの、何の手立てもなしでは、同じことを繰り返すだけ。先月19日には日高振興局農林水産振興部から講師を迎えてシカ対策の学習会を開催。防護柵を設置してシカの侵入を防ぐ案などが出されている。ただ、柵をするにしても、再び球根を買って植栽するにしても、お金が必要。それに植栽や柵設置の労力などもいるため、多くの人の協力なくしてできることではない。学習会では講師が「関係者が一つの目的のもと力を合わせれば、被害は必ず軽減できる」と話していた。ササユリ復活へ地域住民の一致団結を期待したい。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る