55年前以上に深刻な現実

 1962年10月、キューバ上空を飛行していた米空軍の偵察機U2がミサイルらしきものを捉えた。撮影した写真を解析したところ、ソ連製の地対地中距離弾道ミサイル(NRBM)であることが分かり、翌朝、ケネディ大統領に届けられた。
 大統領はただちに国家安全保障会議を招集。副大統領や国務長官、国防長官、CIA長官、弟のロバート・ケネディ司法長官らのほか、前政権時の国務長官や国防長官も入り、表向きは平静を装いながら、不眠不休で最善の対応を協議した。
 ミサイルの写真がホワイトハウスに届いた朝から、ソ連のフルシチョフがミサイル撤去を決断するまで13日間。偵察機が撃墜されパイロットが犠牲となり、さらに別の偵察機が誤ってソ連領空を侵犯してしまうなど何度も危機に直面しながら、核戦争をすんでのところで回避した。
 いまから17年前、このキューバ危機の際の米国国家安全保障会議執行委員会(エクスコム)を描いた映画「13デイズ」が公開された。自由と民主主義の米国目線で描かれたドラマに感動したのを覚えているが、いまあらためて見直し、55年前以上に深刻な現実に背筋が寒くなる。
 J・F・Kとフルシチョフ。ケネディはキューバに対する自国の政策を反省、フルシチョフはスターリンの恐怖政治を否定するなど、それぞれに勇気と決断力があり、何よりも対立する核兵器国のリーダーとして、誤算を生む可能性を排除しようという思いが通じ合っていた。
 ひるがえって今日の米国と北朝鮮。大統領の破天荒さはいうまでもなく、相手も常識やルールが通じない。核戦争危機の映画といえば、「13デイズ」よりキューブリックの「博士の異常な愛情」を思い出す人の方が多かろう。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る