本塁打新記録の理由は?

 花咲徳栄(埼玉)の初優勝で幕を閉じた第99回全国高校野球選手権大会。2006年の60本を大幅に更新する大会新記録の68本塁打が飛び出したことが、高校野球好きが集まるとどうしても話題になる。なぜ、こんなに本塁打が多かったのか。ボールが飛ぶ、バットがよくなったなどとの声も仲間内では出てくるのだが、スポーツ紙などの報道では日本高校野球連盟の話としてボールもバットも基準は変わっていないそうで、その理由ははっきりと分からない。
 個人的に推測してみると、ずば抜けた力を持つ投手がいなかったというのが大きいと思う。それに近年、複数の投手の継投や連投を避ける傾向が強くなってきているため、エースより少し力の劣る投手が登板する機会が増加。暑い夏の連戦に耐えられるようにストライクゾーンで勝負するなど少ない球数で打たせて取る配球になってきているようにも感じ、打者に優位な状況が以前より多くなってきているのではないだろうか。打者側では、連日1000スイング以上の練習をしたり効率的なトレーニングをしたりしてパワーがアップしているのは明らか。プロにも負けないような体つきの選手も目立ち、選手の進化も間違いなく影響しているだろう。
 広陵の中村奨成選手は1大会6本塁打の新記録を打ち立て、盛岡大付―済美では5回に両校が満塁本塁打を打ち合うという史上初の打撃戦もあった今大会だが、見逃せないのは派手な本塁打よりも、どんなに点差が開いても諦めない選手の必死な姿。幾つかの推測も、本塁打新記録の決定的な理由にはならない。結局、「最後まで全力プレー」の積み重ねが、いろんな記録につながったのだと思う。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. みんなずっと友達だよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る