美浜のアメリカ村再生協が基本計画を承認

 美浜町の地方創生事業の一つ、「日の岬・アメリカ村の再生とふるさと教育」で28日、事業を企画及び実施する組織「日の岬・アメリカ村再生協議会」(中牧弘允会長)の第4回会議があり、事業の基本計画と施設の整備計画が承認された。基本計画にはカナダ移民の地域として知られるものの過疎化が進む三尾地区の活性化へ計20のメニューを盛り込み、整備計画ではレストラン、ゲストハウス、カナダミュージアムの3施設とも来年4月オープンへ来月から準備に取りかかることが決まった。
 協議会は地区代表、商工・文化・教育関係、学識経験者、下部組織の部会代表、行政、地元の郵便局から18人がメンバーとなり、5月17日に発足。これまで実施する事業を盛り込んだ基本計画と3施設の整備計画を協議してきた。役場で開かれた第4回会議ではコンサルから修正箇所などで説明を受けたあと、両計画を承認した。
 基本計画に盛り込まれた事業は、カナダ使節団の派遣、英語版「語り部ジュニア」の確保・育成、小・中学生のふるさと教育の実施、移民関係教養講座の実施、三尾公民館(レストラン)の整備、遊心庵(ゲストハウス等)の整備、野田邸(カナダミュージアム・カフェ等)の整備、タウンウォッチングコースの開発、ホームページやSNS等での情報の発信など。本年度から平成33年度まで5年間で、約1億8000万円を投入する。
 施設の整備計画では、三尾公民館をレストラン、同館すぐ北の遊心庵をゲストハウス、同館南30㍍ほどに位置する民家「野田邸」をカナダミュージアムとカフェに改修することを正式に決定。公民館は2階を飲食施設とし、外観が日本風で内部が和洋折衷の遊心庵は当面、民泊施設(将来は簡易宿泊施設)として運営。移住文化の象徴として残存する野田邸は移民資料の展示や喫茶店に活用する。3施設とも9月から基本・実施設計と開業準備に取りかかり、来年4月のオープンを目指す。
 基本計画の承認に伴い、3施設の整備以外の各事業も9月から順次、本格的に着手していく。
 
 

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る