あすなろ倶楽部に期待

 先日、日高川町高津尾の日高川交流センターで、同町の小中高校生でつくるダンスグループ「あすなろ倶楽部・絆の星」の第3回公演「絆の星~鼓動響く清流の地より~」が行われた。昼、夜の2回あり、合わせて来場者数はこれまで最高の800人となった。
 あすなろ倶楽部のほか一般公募の中高生14人(ごんぱっちーず)、中津中学生、町ジュニアリーダークラブ「みかん村」、天音太鼓保存会、大阪狭山市の表現倶楽部うどぃなど総勢約70人が出演。ステージは基本、あすなろ倶楽部のメンバーが演じる2人の主役を中心に展開。途中にある丹生都伝説や道成寺の安珍清姫物語などのシーンではそれぞれの役者が登場して演じるほか、ダンスパフォーマーがダンス、ステージ前のバンドが演奏でそれぞれのシーンを表現し、ステージをより盛り上げた。ラストはバンド、太鼓、ダンスが一体となった曲で会場は大盛り上がり。子どもたちが一生懸命踊る姿に感動し、元気をもらった観客も多かっただろう。
 公演を観るのは昨年に続いて2回目。本番だけでなく、練習も取材してきているが、メンバーの真剣な練習ぶりに毎回驚かされる。息が合うように何度もダンスを繰り返すほか、セリフも大きな声で感情を込め、動きもつけて表現する。それらの練習を続けてくることで、本番での堂々とした演技につながっている。
 あすなろ倶楽部は結成して5年。公演は大人1500円、子ども500円で、同センターでの催しの中では安いわけではないが、満員に近い人数を集めるグループに成長している。今後も定期的な公演を続け、日高川町を代表するグループとして、町民を元気づける存在になることに期待したい。     (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 久しぶりにわいわいやってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る