全国中学陸上 砲丸投の井戸君が5位入賞

 全国中学校体育大会第44回全日本中学校陸上競技選手権大会は19日から22日までの4日間、熊本県民総合運動公園陸上競技場で開かれ、男子砲丸投げで大成中3年の井戸良君(14)が見事5位入賞を果たした。同大会で日高地方勢が入賞するのは10年ぶり。決勝では和歌山県の中学校記録を25㌢塗り替える14㍍69をたたき出す会心の一投を見せ、賞状を手に喜びを爆発させた。
 予選を14㍍11の9位で通過した井戸君。6投の試技で争う決勝では1投目に最高記録の14㍍69をたたき出した。「投げた瞬間、これは(自己ベスト、県中学校記録更新まで)いった」と感じたという会心の一投。約1カ月前に記録した自己ベストを一気に53㌢塗り替えるとともに昨年、速水雷太選手(当時湯浅中)が樹立した県中学校記録を大幅に更新し、「大舞台でずっと抜きたいと思っていた県中学校記録を塗り替えられてうれしい」と喜びを爆発させた。
 173㌢・96㌔の井戸君だが、決勝進出13選手では「一番身長が低く、体型もスリムな方だったと思います」。全国各地から集まった強豪選手より体格で劣る中、「より砲丸に力が伝わるように重心を低く」などをポイントにフォームの改善に努めてきた成果を見事に大舞台で発揮した。
 日高地方勢の入賞は2007年、大﨑かなさん(当時南部中)の女子砲丸投げ2位以来10年ぶりで、「ぎりぎり入賞できるかどうかと思っていたので、5位に決まったときはびっくりでした」と笑顔いっぱい。今シーズンは円盤投げでも県中学校記録を樹立するなど活躍が続いており、今後についても「砲丸投げでは、秋の国体に出られれば15㍍超えと、もう1回入賞できるように頑張りたい。円盤投げでは、いま全国ランキングが5位なので10月のジュニアオリンピックで3位入賞を目指していきたい」と一層の飛躍を誓った。
 男子砲丸投げには地元から小林聖君(南部中2年)も出場したが、12㍍55の記録で予選通過はならなかった。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る