日高町活性化へ新たな一歩

 日高町商工会青年部と同町地域振興㈱が20日、産湯海水浴場で納涼夏祭りを初開催。多くの親子連れらでにぎわった。
 同青年部では昨年まで11年間、中央公民館前駐車場で「ひだかニッコリゆかたフェスタ」を開いていたが、ことしから中止。内容をより一層バージョンアップさせて、産湯海水浴場のPRや地域活性化にもつなげようと、納涼夏祭りを企画した。好評の浴衣コンテストを継続させた上で、新たに水風船キャッチゲームや大声コンテストなどユニークなイベントも取り入れており、子どもたちの笑顔があふれていた。
 また、昨年までのゆかたフェスタでは来場者のほとんどが地元住民だったが、会場が産湯海水浴場となったことで、この日泳ぎに来ていた京阪神方面の客もイベントに参加していた。そういったことを考えると、イベントの開催日をもっと前倒しして海開き直後にしたり、地元産品を販売する軽トラック市のようなイベントも同時開催したりすれば、より一層海水浴場やまちのPRにつながったかもしれない。
 さらに、ことしは由良町商工会青年部の協力を得たのも大きなポイント。広域観光の振興はかねて言われており、今後もそれぞれの町のイベントに参加、協力するなどして、お隣の町同士が手を取り合って観光を推進していってほしいと願う。特に由良、日高町は美しい海岸線でつながっており、県道拡幅の課題さえクリアできれば、白崎海洋公園、温泉館、産湯海水浴場などを結んだ観光ルートも設定できる。
 いずれにしても、今回の納涼夏祭りが今後のまちの活性化への新たな一歩になったと、期待している。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る