身の回りは宝の山⁉

 トイレットペーパーを使い終わったあとに残る厚手の紙の芯。これが売り物になると、テレビで取り上げられていた。普通の人なら、何も考えずにゴミ箱へポイッと捨てる、ただのゴミ。ところが、少し頭と労力を使えばお金になる「商品」に変わるというから、ネットでも調べてみた。
 「トイレットペーパー芯」で検索すると、手作りおもちゃ工作をはじめ、オシャレ雑貨、壁飾りなどが並ぶ。要するに、工作などの材料として一定の需要があるようだ。ただ、芯を1本持っていても商品になる期待はできない。少なくとも10本以上集め、さらに夏休みなど子どもが工作をする時期に売り出す、広く欲しい人を探せるネットを活用と、売れる方法を思いつくかどうかが大きなポイント。ただのゴミも発想と行動でお金に変わるのだと、いい勉強をさせてもらった。ネットでの価格は幅広いが、10本で100円、100本で520円などとあった。
 さらに調べると、身の回りは、たまごパック、ペットボトルのキャップ、懸賞の応募券、菓子の景品、雑誌の付録など〝宝の山〟らしい。みんなが捨てるものを取っておくという逆の発想に、収集とネット出品など少しの手間をかければ、ちょっとした小遣い稼ができなる可能性がある。
 図書館の不用になった雑誌や付録を無料で配布するイベントを取材した際、欲しい人には失礼だが「行列に並んでまで手に入れたいものなの?」と感じることもあった。発想が豊かな人が見れば、そんな光景も新しいアイデアのヒントになるのだろう。ネット社会のいま、宝の山はすぐ近くで見つけられると思うと夢はあるが、それを実際に手に入れるのはかなり難しいというのも正直な感想である。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る