夏の甲子園 日高地方出身選手が大活躍

 第99回全国高校野球選手権大会(阪神甲子園球場)9日目の17日は2回戦3試合があり、第2試合では大星博暉選手(3年、松洋中出身、美浜町)がメンバー入りする県代表の智弁和歌山と、泉口友汰選手(同、和歌山日高ボーイズ/マリナーズOB、御坊市出身)の大阪桐蔭(大阪)が激突した。春夏優勝経験のある名門同士の激突。1点を争う試合は大阪桐蔭が2―1でものにし、地元両選手はそろって3安打の大活躍、とくに泉口選手は決勝点の口火を切る二塁打を放ってチームの勝利に大きく貢献した。

智弁和歌山
000100000 1
10000010 ×   2
大阪桐蔭

 大阪桐蔭が初回、根尾の中前適時打で先制。智弁和歌山は4回、冨田の左前適時打で試合を振り出しに戻したものの、相手7安打を上回る12安打を放ちながらこの1点しか奪えず、7回2死三塁から暴投で決勝点を与えた。黒原(5回3分の1)、平田(2回3分の2)の継投で強力打線を2点に抑えたが、今春の選抜優勝投手から好機にあと一本を打てなかった。

 8番、遊撃で先発出場の泉口選手は3打数3安打1得点と大活躍。2回2死走者なしから遊撃内野安打、4回2死走者なしから二遊間をしぶとく破る中前打をマークすると、先頭の7回はフルカウントから変化球に見事に反応し、右翼線へ痛烈な二塁打をはじき返した。この回無死二塁からバントで三進。2死後には暴投で捕手がボールをそらした隙を逃さず、スライディングで間一髪、決勝の生還を果たした。守っても軽快なプレーを見せ、9回1死一、二塁のピンチでは三遊間よりのゴロをがっちり捕球すると素早い送球で6―4―3の併殺を完成させた。


湯川高校野球(泉口).JPG

 

7回、暴投で三走・泉口選手が決勝の生還



 1番、右翼で先発出場の大星選手は4打数3安打。初回に左前打すると、3回2死二塁から外角の変化球をうまく左前に運ぶ安打。二走は惜しくも本塁封殺となったが、素晴らしい打撃を見せた。5回無死一塁ではバントが投ゴロとなったものの、7回1死一塁の場面では内角の速球を会心の右前打。2死後、一塁強襲安打で二塁から果敢に本塁を狙ったが、三本間の挟殺プレーで刺された。強豪校の主将として臨んだ最後の夏の大舞台。チームは善戦及ばなかったが、右へ左へ快打を飛ばして意地を見せた。

湯川高校野球(大星).JPG

7回1死一塁から大星選手が右前打を放つ

 大阪桐蔭の3回戦は11日目の19日となり、第4試合(午後3時半~)で仙台育英(宮城)と顔を合わせる。

 

 

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る