なかなかいい出来でしょ?

 徳本さんで日高おこし隊実行委員会(金﨑昭仁会長)が企画している徳本上人200回忌イベント(10月1日、中央公民館周辺)に向けて、和歌山大学観光学部の学生が、昔の「大八車」を2台製作した。若い力とアイデアを生かした地域活性化の取り組みの一環。徳本上人が生きた江戸時代の風景を再現してイベントを盛り上げようと、大八車の展示や荷台での物産販売などを考えている。
 同委員会では、和歌山大学観光学部の地域インターンシッププログラムの採択を受けて、昨年は学生たちと観光振興のワークショップを開催。その中で出された大八車のアイデアが、今回学生自らの手で形となった。
 学生は、いずれも観光学部2年の藤居悠河君(大阪府堺市出身)、橋本英樹君(大阪府八尾市)、銭谷健君(長野県)、三浦佳穂さん(和歌山市)、宮浦七海さん(石川県)の5人。大八車は江戸時代から昭和初期にかけて荷物の輸送に使われた人力の荷車。先月29日と今月18日の2回に分けて原谷の金﨑竹材店で製作し、スギの材料をのこぎりで切ったり、金づちでくぎを打ったりして組み立てていった。荷台部分には黒竹も使用。材料をあぶって磨いて独特のツヤを出す作業も体験した。車輪は、スクラップになる田植え機の車輪に竹を巻いて再利用した。大八車は長さ2㍍、幅1㍍。学生リーダーの藤居君は「試行錯誤しながらの製作でしたが、予想していた以上にクオリティーの高いものができました。地域活性化に携わることは、私たちにとって貴重な体験で、地域住民とのコミュニケーションにもつながります。この経験を生かし、今後も地域再生に貢献したい」と意気込んでいた。
 金﨑会長は「若い人たちのアイデアが実現できて喜んでいる。学生たちが日高町を知る機会にもなったと思う」と話している。今後、学生のアイデアで出された徳本上人やクエの顔出しパネルも作製。イベント当日は大八車の展示のほか、会場にござやよしずを設置して、江戸時代の風景をイメージする。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る