由良の興国寺で伝統の火祭り

 由良町門前、臨済宗鷲峰山興国寺(山川宗玄住職)で15日、開山以来700年以上続く盂蘭盆会の精霊送りの伝統行事「火祭り」が行われ、多くの檀家や見物人らでにぎわった。若衆が特大たいまつを担ぐ「土俑(どよう)担ぎ」では、時折降った小雨を吸ってたいまつが一層重くなり、悪戦苦闘する姿も見られたが、勇壮な姿に見物人から大きな声援と拍手が送られていた。
 午後9時から法要を行ったあと、10時ごろから同寺東の無常堂に移動。地元小学生の「たいまつ踊り」では、たいまつをくるくる回転させながら軽快に踊った。土俑担ぎでは、若衆4人がそれぞれ両端に火のついた長さ4㍍、重さ150㌔ほどもある大たいまつを担いで釜場を3周。周囲に火の粉が舞い散る中、重さや熱さに耐えながら踏ん張る勇姿に、見物人から「頑張れー」「あと少し」などの声援が飛び、回り終わると大拍手。中には力尽きて途中で大たいまつを落とす人もいたが、助っ人で別の若衆が担いで豪快に釜場を回り、盛り上げていた。少し降った雨は、行事に影響を与えるほどではなかったが、大たいまつに雨が浸み込み、余計に重くなっていた。特大たいまつを同時に4本立てる「線香立て」、2本ずつ向かい合わせる「拝み合わせ」、投げて転がす「俵返し」も行い、釜場で特大たいまつ4本を井桁に組んだ。
 クライマックスは県指定無形民俗文化財の「灯籠焼き」。まず同寺の大灯籠が釜場に投入され、続いて檀家の切り子灯籠も次々と放り込まれると、釜場の炎は高さ10㍍ほどにまで一気に高く、強く燃え上がった。幽玄の世界で六斎念仏と尺八の音色が響く中、檀家らは先祖の霊との別れとともに過ぎ行く夏を惜しんでいた。会場にはアマチュアカメラマンも多数詰め掛け、シャッターチャンスを狙っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る