台風情報確認と早めの対応を

 8~9月は台風シーズン。日本列島に一番多く接近・上陸する時期だ。近年の温暖化で海水温が上昇している影響で、台風が北上しても勢力が衰えにくくなっているともいわれ、強い勢力を保ったまま日本列島に近づいてくる大型台風も増えている。
 強い台風5号の動きが気になる。先月21日に発生したあと、迷走しながら進行。5日午前6時50分現在の発表によると、屋久島の南約110㍍でほとんど停滞。中心気圧は965ヘクトパスカルで中心付近では秒速35㍍の強風で、最大瞬間風速は50㍍。大きな特徴は速度が遅いこと。そのため進路の予想が難しく、気象予報士泣かせだという。速度が遅いということは通過する時間が長時間となるため、強風や降雨も長い時間にわたって続くことになり、大きな被害が発生しやすくなる。
 6年前の台風12号もゆっくりとした速度で北上し、紀伊半島に接近した。記録的な降雨となり、紀南地方を中心に甚大な被害が発生し、県内では死者56人、行方不明は5人となった。日高地方でも日高川町で3人(行方不明1人)、みなべ町で1人の尊い命が奪われた。災害被害を風化させず後世へと伝え、教訓として生かすことが犠牲者に対しての追悼となる。
 短時間に避難対応を要する津波、いつ起こるか分からない地震と異なり、台風は事前に予想することできる。極端なことを言うと、来る前に進路から遠く離れた場所に逃げてしまえば台風で命を落とすことは考えられない。夏休みで旅行やキャンプなどの家族計画もあると思うが、台風5号の進路や降雨などの情報確認が必要だ。家庭や職場でも防災用具を確認し、いざという時は早めの対応を心がけることが重要。    (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る