県産品魅力再発見事業 日高地方は2業者

 百貨店を経営する㈱三越伊勢丹のバイヤーとコラボレーションして県産品のブラッシュアップを図る、県のわかやま産品魅力再発見事業の参画事業者が、決まった。県内で多数応募があった中から審査を行い、14事業者を選定。日高地方からは美浜町浜ノ瀬、谷国水産(谷信子代表)の漬生しらす、日高町原谷、㈲金﨑竹材店(金﨑昭仁代表)の特産黒竹の箸が選ばれた。
 同事業は、生産現場に三越伊勢丹のバイヤーが密着し、事業者と協働しながら百貨店目線で商品の改良や新商品の開発に取り組もうと初の試み。1次、2次審査を行ったうえで、バイヤーが現場視察などを行い、参画事業者を決定した。今後、改良された商品は、本年度中に三越伊勢丹の新宿、日本橋、銀座の基幹3店でお披露目イベントが行われて、販売スタート。さらに首都圏内の他の店舗でも展示、販売を目指しており、わかやま産品のPRやブランド力のアップにつなげていく。
 谷国水産は、大正6年に創業。鮮度がよいしらすを使った「特鮮釜揚げしらす」が有名。今回の魅力再発見事業ではおととし新開発し、昨年プレミア和歌山に認定された漬生しらすに改良を加える。生しらすをしょうゆベースの特製ダレに漬け込んで、紀州みなべの梅酢で奥深い味わいに仕上げた商品。4代目の谷代表は「県内産の薬味を使って別の味を出していきたいと思います。都会に発信できるいいチャンスです」と目を輝かせている。
 金﨑竹材店は、創業110年。黒竹は、文字通り黒色の竹で、「天然の艶と風雅さ」が特徴。家具の材料や室内装飾、竹垣、民芸品などに使われている。今回の魅力再発見事業では箸を改良していくが、先日訪れた三越伊勢丹のバイヤーは希少性からボールペンや約50種類ある民芸品にも高い関心を示していた。3代目の金﨑代表は「今後の販路開拓の広がりに期待できる。いい竹で最高の商品づくりができれば」と意気込んでいる。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る