みなべで鹿島神社奉納花火

 みなべ町埴田、鹿島神社の奉納花火祭は日高地方のトップを切って1日に南部海岸で催され、大勢の家族連れらでにぎわった。江戸時代に発生した津波から地域を守ってくれたとされる神に感謝する神事。仕掛けや早打ち約1800発の花火が夜空を彩った。
 ことしも午後8時から開始。浜辺には各地区のちょうちんが立てられ、祭りムードを盛り上げた。海岸や国道42号線沿いの歩道は大勢の観衆でにぎわった。地域住民や事業所などから奉納された花火が次々に打ち上げられ、夏の夜空を大輪が彩った。早打ちや仕掛けなどさまざまな種類の花火が上がり、観衆らは「ハート型の花火や」「大きくてきれい」などと光と音の共演を楽しんでいた。神社周辺には夜店も並び、浴衣姿の子どもたちが楽しむ姿もみられた。
 江戸時代、宝永4年(1707年)と安政元年(1854年)の地震で大津波が打ち寄せてきたが、南部湾の鹿島から怪火が現れて津波を東西に分けたという。海岸の住民らは「鹿島の大明神が守ってくれた」と毎年感謝の気持ちを込めて花火祭が行われている。奉納祭の起源は宝永の大地震の翌年の1708年6月15日とされ、当時はたいまつやちょうちんを鹿島明神に手向ける形だったという。江戸時代後期、大庄屋だった南道の鈴木氏らが花火の技術を学び、仕掛け花火を奉納。その後は各字が製造して技術を競った。現在も、同神社には当時花火の打ち上げに使われた筒2本が残っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る