中京大中京の谷村選手 親子2代で甲子園

 全国高校野球選手権愛知県大会で中京大中京高校が優勝し、みなべ町熊瀬川出身でトヨタ自動車野球部のヘッドコーチを務めている谷村和也さん(42)=愛知県豊田市=の長男優太選手(3年)が7日から甲子園で開幕の全国大会に出場する。和也さんも25年前の選抜大会に日高高校のエースとして出場しており、父子2代の甲子園。和也さんは当時、初戦で優勝校の帝京に惜敗。かなえられなかった甲子園での勝利を息子に託す。
 和也さんは高城中学校から日高高校に進学。平成4年の春の選抜に出場した。1回戦で強豪校の帝京(東京)と対戦し、押し出し四球で1点を与えたものの相手打線を3安打に抑える好投。左腕から投げ出す直球や変化球で打者を三振に切って取り、「ドクターK」と呼ばれた。その後は立命館大に進学。エースとして活躍し、4年生の時にノーヒットノーランも達成した。トヨタ自動車野球部では現役を引退し、ヘッドコーチを務めている。
 長男の優太選手は小学時代から軟式野球を始め、中学校で硬式野球に転向。高校は強豪校の中京大中京に進み、3年生でレギュラーに。愛知県大会では1回戦から決勝までフル出場。決勝の栄徳戦では6番遊撃手で先発し、4回に右越えの特大本塁打、7回にも1死一・二塁から右翼線を破る適時三塁打を放つなど3打点の活躍。9―1で栄徳を下し、父子で甲子園出場を決めた。
 和也さんの父の丈夫さん(69)=みなべ町熊瀬川=は、「優勝が決まった時は和也から『やったよ!』と一報が入った。父子で甲子園の土を踏めるのは光栄なこと」と喜んでいる。同町北道に住む優太選手の母方の祖父、松原秀明さん(74)も「電話で優太と話したら、『甲子園でも優勝できるように頑張る』と言っていた。お世話になった仲間、家族、指導者らに恩返しする夏にしてほしい」と孫にエールを送っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る