GOBOクラブの桶谷さんに安藤百福章

 公益財団法人日本陸上競技連盟と日清スポーツ振興財団の2017年度少年少女陸上競技指導者表彰「安藤百福記念章」に、御坊市内の陸上競技クラブ「GOBOクラブ」事務局長の桶谷直弘さん(45)=御坊市岩内、御坊市役所勤務=が決まった。桶谷さんは17年余り地域のスポーツ振興と競技力向上、青少年健全育成に尽力。19日に神奈川県・日産スタジアムで行われる〝日清食品カップ〟第33回全国小学生陸上競技交流大会開会式の席上で表彰を受ける。
 同章は少年少女(小学生)の陸上競技指導者として、特に功労のあった人が毎年各都道府県陸上競技協会から1人表彰され、日高地方では14年度の栄土新吾さん(日高町)に続き3人目の受章。
 桶谷さんは野口小6年のときに県大会の1000㍍で県記録を樹立したことをきっかけに本格的に陸上を始め、河南中、日高高、立命館大でも競技に打ち込んだ。中学時代は1年1500㍍で全国出場経験もある。00年4月に市役所の先輩の栄土さんらとともにGOBOクラブを創設し、大会の出場登録などの事務を担当しながら同クラブの全国小学生クロスカントリーリレー研修大会4回出場、第9回大会総合5位入賞に貢献。表彰式の日に開催される日清食品カップには100㍍とソフトボール投げの選手を出場させ、県市町村対抗ジュニア駅伝では御坊市チームのコーチとして優勝2回の成績を収めている。箱根駅伝や全国高校駅伝出場者らも輩出。陸上以外では今春のセンバツで優勝、夏の甲子園に出場する大阪桐蔭の泉口友汰遊撃手(3年、御坊市出身)も教え子で、夏の全国と全国クロカン出場を支援した。
 同クラブ創設時は20代で、市教委で子どもたちと触れ合う機会が多かった経験から部員たちに近い「お兄さん」的な存在として選手たちの精神面もケア。他のスポーツでも通用する選手育成を目指す「プロはつくらない」というチームの指導方針の下、将来の可能性を常に考え、礼儀、規律などの指導にも熱心に取り組んでいた。
 「子どもたちの頑張っている姿に元気をもらっている。陸上がなければ、いまの自分はなく、陸上に自分の人生を変えてもらった」という桶谷さん。今回の受章には「妻と娘2人、両親ら家族、それに周囲の全ての皆さんのおかげ。大学の偉大な先輩、安藤百福氏の表彰をいただけるのは大変光栄で、これを励みに今後も微力ながらいまの自分をつくってくれた陸上に恩返しができれば」と喜んでいる。 同章は少年少女(小学生)の陸上競技指導者として、特に功労のあった人が毎年各都道府県陸上競技協会から1人表彰され、日高地方では14年度の栄土新吾さん(日高町)に続き3人目の受章。
 桶谷さんは野口小6年のときに県大会の1000㍍で県記録を樹立したことをきっかけに本格的に陸上を始め、河南中、日高高、立命館大でも競技に打ち込んだ。中学時代は1年1500㍍で全国出場経験もある。00年4月に市役所の先輩の栄土さんらとともにGOBOクラブを創設し、大会の出場登録などの事務を担当しながら同クラブの全国小学生クロスカントリーリレー研修大会4回出場、第9回大会総合5位入賞に貢献。表彰式の日に開催される日清食品カップには100㍍とソフトボール投げの選手を出場させ、県市町村対抗ジュニア駅伝では御坊市チームのコーチとして優勝2回の成績を収めている。箱根駅伝や全国高校駅伝出場者らも輩出。陸上以外では今春のセンバツで優勝、夏の甲子園に出場する大阪桐蔭の泉口友汰遊撃手(3年、御坊市出身)も教え子で、夏の全国と全国クロカン出場を支援した。
 同クラブ創設時は20代で、市教委で子どもたちと触れ合う機会が多かった経験から部員たちに近い「お兄さん」的な存在として選手たちの精神面もケア。他のスポーツでも通用する選手育成を目指す「プロはつくらない」というチームの指導方針の下、将来の可能性を常に考え、礼儀、規律などの指導にも熱心に取り組んでいた。
 「子どもたちの頑張っている姿に元気をもらっている。陸上がなければ、いまの自分はなく、陸上に自分の人生を変えてもらった」という桶谷さん。今回の受章には「妻と娘2人、両親ら家族、それに周囲の全ての皆さんのおかげ。大学の偉大な先輩、安藤百福氏の表彰をいただけるのは大変光栄で、これを励みに今後も微力ながらいまの自分をつくってくれた陸上に恩返しができれば」と喜んでいる。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る