72年前の日本を見よ

 昭和19年7月、米軍はサイパン島を占領し、日本の絶対国防圏に穴をあけた。大型爆撃機B29が無給油で日本を往復できるようになり、11月からは中国大陸にかわってマリアナ諸島が出撃拠点となり、都市部への空襲が激化した。
 この時点で日本の敗戦は決定的だったが、大本営は一億玉砕、本土決戦を主張して譲らない。爆弾をばらまくだけで戦闘能力のないB29は、護衛機をつけて日本の上空に侵入しても迎撃にあい、墜落することも少なくなかった。
 米軍は地上からの高射砲が届かず、零戦よりも高く飛ぶしかないが、1万㍍もの上空を飛行すれば燃料の消費が激しく、航続距離が短くなるうえ、爆撃の精度が著しく落ちる。そこで狙いをつけたのが、サイパン、テニアンよりさらに日本に近い、小笠原諸島の硫黄島だった。
 日本軍以上の犠牲を払って硫黄島を手に入れると、米軍は都市の住宅密集地帯を無差別に焼き尽くし、軍人ではない何十万人もの無辜の市民の命を奪った。日本人にとって、B29は悪魔のような戦争の象徴であり、それがトラウマとなっていまなお、夏の夜を彩る花火にさえ、空襲の恐怖がよみがえる人もいる。
 核の世の中となったいま、核ミサイルで米国に脅しをかける北朝鮮に、米国はさして新しくもない戦略爆撃機B1を差し向けた。核兵器は搭載していないが、空中発射巡航ミサイルやGPS精密誘導弾を撃ち込めるこの「死の白鳥」に、将軍様が震え上がっているという。
 72年前の日本を見よ。B29の大編隊に一晩で10万人以上が殺害され、完全な死に体に2発も原爆を落とされた。戦後、日本人を裁いた平和や人道に対する罪などくそくらえ。米国ほど無慈悲で恐ろしい国はない。謝るならいまのうちだ。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いします

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る